ハワイアンエアルームジュエリーの歴史

ハワイアンエアルームジュエリーの起源は、ハワイ王朝最後の女王リリウオカラニ女王によって始まります。あの有名な『アロハ・オエ』の作曲者としても有名な女王です。イギリス王室と親交が深かったリリウオカラニ女王は、1862年ヴィクトリア女王の夫アルバート王子の喪に際し、その死を悼やみ「ホオマナオ・マウ(永遠なる思い)」と文字を入れたバングル(ブレスレットの一種)をつくり、身につけました。またそれを、女学校の校長であったイギリス人恩師アトキンソン氏に感謝の気持ちを込め贈りました。

17世紀後半イギリスで流行した、故人の追悼や愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだセンチメンタル・ジュエリーが、19世紀にヴィクトリアン・モーニングジュエリー(服喪用アクセサリー)となり、リリウオカラニ女王によってハワイで定着し、ハワイアンエアルームジュエリー(代々受け継がれる家宝)と呼ばれ、大切な思い出とともに親から子へ子から孫へまたは大切な人へと、お守りとして受け継がれるようになりました。今では恋人や親友へ、結婚記念、卒業記念、誕生日に愛情の象徴や思い出をとどめるものとして贈られています。

彫りのモチーフとしてハワイで神聖とされている花や葉・波が用いられています。これらは、ハワイ初期より大切にされていたもの。着けることでその“初心を忘れない”という願いでもあります。ハワイの美しい自然が幸せを運んでくる。そんな思いがいっぱいに込められているのが、ハワイアンジュエリーなのです。

Liliuokalani

 

A・R・O・H・A

 

3

plumeria

《こんにちは、さようなら、愛しています、歓迎します など・・・》ハワイ語といえば“Aloha”。この“Aloha”にはとても深い意味とマナ(神聖な力)が込められていることをご存知ですか?
さらにA・L・O・H・Aの5文字には、Hawaiianの人に対する優しさや思いが込められているのです。

A=Akahai e na Hawaii
ハワイを愛する人々よ、思いやりの心を持ち人を尊敬しましょう。

L=Lokahi a kulike
共に助け合うことで、自然に生れる調和と融合を大切にしましょう。

O=Olu Olu ka mana o
いつも喜びを持って明るく前向きに生きましょう。喜びが人への優しい心につながります。

H=Ha a ha a kou kulana
どんな時でも謙虚に生きましょう。人と接するときに一番大切な心です。

A=Ahonui a lanakila
他の人を認めることは時に辛いこともありますが、辛抱強く我慢することが大切です。

 

また、
ALO=一緒に
OHA=幸福
HA=
A=生命
という意味をもっともいわれています。

 

このように“Aloha”という言葉には、人にとって一番大事な事の意味が込められています。
ハワイアンジュエリーを通じてAlohaの精神を持ち皆様に幸せを導くことが私達の使命であると考えます。